【経験談】突然の離婚宣言

私は今地方都市で暮らしていますが、結婚を機に引っ越してきました。

実家は飛行機でないと難しいほどの距離です。

結婚するまで生まれてから一度も実家を出たことがなかった私にとって

慣れない新たな地での生活

家族以外との暮らし

家事

新しい職場と、

新しいことづくしの新生活でした。

最初はホームシックにもならないくらい気が張っていて、何もかも完璧にこなそうと頑張っていました。

主人と私は、フジコたちは本当に仲いいね~、なんて周りからよく言われるほど

公私ともに認めるおしどりカップルでした。

私自身、絶対に壊れないだろうなと変な自信がありました。

なので夫婦愛を育てるなんて考えをこれっぽちも持たなかったのです。

それどころか、1人で頑張ってると思い込んだり

主人が優しく接してくれていたのに、もっと、もっと、と求め続けてしまったり

主人がやってくれたことをダメ出しし続けたり

本当にNGなことばっかりしてました。

その結果、、、、

新婚生活スタートしてから、わずか半年で、

「フジコとの将来は見えない。」

「離婚しよう。」

と宣言されてしまったのです。

最初、離婚宣言された瞬間、

え?????????????

ナニイッテルンダロウ???????

 

と時が本当に止まりました。まさに頭真っ白。

「ダメなところあったら直す!」

と懇願しても、

「そういうんじゃない。」

「もう女として見れない。」

「こんなひどいこと言う男と一緒にいていいわけ?」

「別れた方がお互いもっと幸せになるよ」

と聞く耳持たず。しまいには自分の言いたいことを言ったせいか、話し合い後、口笛ふいたりとまさにスッキリした様子。

なんじゃこの差は|д゚)

と今思い返せば感じますが、当時はそれどころではなく、ずーーーっと泣いてお先真っ暗状態でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です