【経験談】別居までの過程

私たちは、主人から離婚宣言された1ヶ月後に別居を開始しました。

自分の両親に夫婦仲が悪いことを知らされた夫は激情し、

急激に私への態度が冷たくなりました。

その日から夫婦一緒に寝ていた寝室を離れ、空室になっていた部屋で寝るようになりました。

当然扉は閉まっているため、中で何をしているかわかりません。

毎日の帰宅時間は12時を過ぎ、目すら合わせてくれなくなりました。

 

男性は離婚するために色んな手段を使ってくる

 

以前男性が離婚したいというのは、離婚して幸せになりたいからだと言いました。

幸せになるためには、どんなことだってしてきます。

実際、主人が私にしたことは、

  • 話しかけるなオーラを出してくる
  • ゴミを見るように見てくる
  • 一緒に住んでいると眠れない、と体調不良を訴えてくる
  • 家に帰りたくないから毎日飲み歩く

耐えきれなくなったこっちが、「話し合いたい」と言うと、

よし!!チャーンス!!!!!と言わんばかりに、乗ってきます(笑)

実はこれ、離婚話をする作戦なんです。

 

離婚しないよう話し合いを持ち掛けるのは絶対NG

 

どんなに耐えきれない空気になっても、話し合いは避けるようにすべきです。

話し合いをすればするほど、相手の離婚の決意は固まります。

「もう気持ちは戻らない」

「君を女性として見れない」

「君の気持ちは完全になくなった」

離婚したい男性の常套句です。

私もすべて言われました(笑)

話し合いを避けた方がいいと知らなかった私は、まんまと主人の罠にかかり、

話し合いをした結果、人間性を否定されるように罵倒され続け、

挙句の果てに、「来週家出るから」と言われました。

もちろん、部屋を借りていたことも知らされておらず、引っ越し先も教えてもらえませんでした。

 

結婚式から約1年。一緒に住み始めてから9か月足らずで、強制的に別居がスタートしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です