【経験談】探偵には気を付けろ!!~後半~

前回探偵を雇うにあたって、気を付けた方がいいことを言いましたが、

今回はその後半です!

 

突然ですが、「有責配偶者」という言葉をご存知でしょうか。

有責配偶者とは、「自ら離婚原因を作って婚姻関係を破綻させた者」を言います。

ようは、離婚原因を作った方、ということです。

法律では、この有責配偶者は原則として離婚請求は認められません。

ということは、不倫している側から一方的に離婚請求できないんです。

離婚したくない場合は、相手方の不倫関係を明らかにする必要があります。

そのために私は探偵に依頼をしました。

 

有責配偶者は不貞行為の回数に左右されない

探偵には、「裁判にかけた場合、有責配偶者にするには最低でも2回ホテルの入りと出が必要です」と言われました。

この理由としては1度ホテルに入ったところを抑えたとしても、たまたま体調が悪かったと言い訳をされてしまうため。

そして入りと出がどちらもとれないと滞在時間がわからないため。10分と2時間では後者の方が言い逃れはできない。それを確定させる必要がある。

とのことでした。

ホテルなら100%黒やないかいっ!と突っ込みたくなりますが、自宅の場合は確かに探偵の言ってることはわかります。

実際私がとれた証拠は、自宅に入る入り2回のみで、出は1度も撮れませんでした。

探偵からは、出2回が必要だから延長した方がいい、と言われました。

たまたま私は紹介により弁護士さんに相談する機会があり、入りと出の2回が必要なのかと尋ねたところ、

「そんな事実はまったくありません」

ときっぱり言われました(笑)

 

おかげで私は探偵の依頼を延長することなく、追加料金はかからずに済みました。

探偵料金、ほんっっとにバカになりませんからね!延長してたとしたら、軽く数十万は追加でかかったと思います!

今思うと一回失敗してるんだから、出がとれるまで頑張れや、と思いますがそんなこと言えるわけもなく。。

おかげさまでいい社会勉強になりました。

私のこうした経験談を踏まえ、もし、探偵の依頼について困ってる場合は、よーーーーく検討して決定されることをオススメします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です