相手が話したくなる会話法

前回夫婦仲を知るには会話を見ればわかる、と言いました。

会話には、話す人と聞く人がいます。

実は、話してる量が多ければ多いほど、相手に心を許しています。

もし夫婦仲が悪化していて、ご主人ではなくあなた自身がずっと話していたら要注意です。

夫婦仲をよくするには、相手にたくさん話してもらう必要があるのです。

では、相手にたくさん話してもらうにはどうすればいいのか?

いくつかあるのですが、ここで2つ紹介します。

まずは、相手の動作を真似すること。

例えば、相手がお茶を飲んだら、自分もお茶を飲む。

相手が足を組んだら、自分も足を組む。

食事するとき、相手が汁物から食べたら、自分も汁物から手をつける。

いわゆる真似っこです。

相手と同じ行動をすることで、あれ?気があうのかな?と無意識に感じさせる方法です。

これよりも大事なのは、次の方法。

それは言葉のオウム返しです。

例えば、「今日疲れたな。」と相手が言ったら、「疲れたんだね。」と言います。

「寒いなぁ。」と相手が言ったら、「寒いんだね。」と言います。

え?まじ?

と思われるかもしれませんが、

まじです!!!

この方法で、離婚宣言された私は再同居してから半年足らずで2人で出かけられるように、1年後には旅行に行けるようになりました。

今では年末年始、互いの実家で過ごすほど良好な関係です。

気をつけていただきたいのは、相手の言葉を変換せずにそのままオウム返しすることです。

例えば、「疲れたな。」だったら、「なんで疲れたの?」はNGです。

「大変だったんだね。」

「忙しかったんだね。」

もNGです。

ただ、「疲れたんだね。」とオウム返しをします。

相手の独り言でも構いません。

すかさずオウム返しで拾ってください。

そうするうちに、自然と心を開いていきます。

お気づきかと思いますが、真似っこよりもオウム返しの方が相手が心を開きやすいです。

これは心理学の信頼関係を築く方法としても使われている、プロも認めるやり方です。

夫婦関係を良好にするには、いい会話を心がけるようにしましょう。

あなたが変われば、相手も必ず変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です