別居解消からの夫婦修復道〜その2〜

当ブログにお越しいただきありがとうございます^_^

さて、前回別居解消から2ヶ月ほどです。

この頃は、まだ離婚話をいつか切り出されるんじゃなかろうかという不安を常に抱えていました。(この不安は1年近くありました( ;∀;))

そんな不安を抱えつつも修復に必要な会話術や、自分磨きを絶えずしていました。この2つは主人と修復できるできないにかかわらず、自分のプラスになると信じてやっていました。

(会話術については前ブログ参照、自分磨きについては今後記載するかもです!)

その成果もあって、別居解消当初に比べると会話は少し増えてきたかな?といったかんじでした。といっても30分とかかな?笑

当時のLINEを見返してみると、主人から毎日帰宅時間の連絡が来ていました。

飲み会があって帰宅時間が遅くなる日も連絡がきていました。主人なりに私の不安を少しでも取り除くよう努力してくれていたようにかんじます。

別居前後で変えたことは、帰宅時間にあまり口出しをしないことでした。

結婚当初、「妻が夫を管理した方がいい」という間違った固定観念があり、飲み会も終電よりも前に帰るよう口うるさく言ってました。終電を逃した時には鬼のように怒ったり、何度も電話したりしていました。

別居解消後は、帰ってくればよし!とだいぶハードルがさがり(笑)、事前に飲み会で遅くなるという連絡があった以上、主人の帰りをまたずに先に寝るようにしていました。

最近はコロナもあり飲み会はありませんが、夫婦仲が改善した後も自由に主人は飲んでもらってます。なんだったら料理する必要がなくなるので、私だけのズボラ飯を作り、好きなドラマを見たりと思う存分にだらけられるので嬉しい時間でもあります(笑)

縛りつけず自由に飲んでもらっても、主人の周りも家庭がある人が多いので朝まで飲むことはなく深夜に必ず帰ってきます。

子供が産まれる前は終電で帰ってきた主人と駅で合流して、そこから夫婦でカラオケに行くこともありました(・∀・)

終電に間に合わなかった時は、帰りのタクシーからかかってくる酔っ払った主人からの電話が楽しみのひとつでもありました。もちろん起きて電話をずっと待ってるわけではありませんが。

それぞれ夫婦でちょうどいい塩梅があるので、皆さんに当てはまるわけではありませんが、私たちはこれがよかったようです。

もしお酒が大好き、飲み会大好きなご主人を、ご主人が納得していない奥様目線のルールを設定しているのであれば、思いきって好きにしてもらうのもひとつの方法かもしれません。

私の周りの既婚男性たちは、奥様から縛られて精気を失ってる人も少なくありません。

「旦那ばっかり( ̄^ ̄)」と思うかもしれませんが、だったら自分も思う存分楽しんじゃいましょう!

いつも以上にだらけてみる、家族や友人と長電話する、大好きな芸能人の映像を見る、子供とお父さんには内緒といってご馳走を食べる

なんでもいいと思います!

ぜひお試しください!

話は戻って、別居解消3ヶ月目に大きな変化がありました。

それは私の友人に会いに行く、ということです。

離婚話が出てから夫婦で家族や友人の前でそろって何かをするということは皆無でした。

その頃、たまたま私の親友の身内だけの結婚式があり、姿だけでも見にきていいという連絡があったため、ダメ元で式場までのドライブに誘ってみました。

その友人は私たち結婚式でスピーチをしてくれた夫婦ともに仲良くしてる人でした。

いくらドライブとはいえ、友人の結婚式なので主人も顔をあわせる可能性があります。

そのドライブにOKを出してくれたことは大きな前進でした。

道路の混雑が原因で主人が車を見てくれてる間に、私1人で友人のところへ行ったので、結局主人は友人に会ってはいませんが、一緒に結婚式の場に行けたことは離婚から遠のいたと感じた出来事でした。

ゆっくりな夫婦仲修復の道のりではありますが、次回に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です